糖尿病の治療方法|食事と運動に加えてサプリメントを補給しよう

女性

食べ方の工夫

夫婦

日常茶飯事こそ大事

食事療法は糖尿病治療の基本です。糖尿病は異常な高血糖が続く病気ですが、血糖値は食事と密接な関係があり、食事を改善することなしに糖尿病の治療はあり得ないからです。内服薬やインスリンを治療に使う場合でも、糖尿病治療の基本はあくまで食事療法です。食事は日常茶飯事であるだけに治療というイメージが持ちにくいのですが、生活習慣病という名前の通り、生活習慣すなわち日常茶飯事が発病のきかっかけになっていますから、そこに目を向けて改善していかなければなりません。糖尿病の食事は決して特別なものではなく、適切なカロリー内で必要な栄養素をバランスよく摂ることを実行すればいいのです。糖尿病の食事療法にして、ひどく物足りない思いがあるとしたら、これまでの食事内容が乱れていたということです。

三食欠かさず食べる

適正カロリー内で栄養素をバランスよく摂るためには食品交換表を活用しますが、そこにさらに工夫をして血糖値安定を心がけます。食事は三食欠かさず毎日同じ時間にできればほぼ同じカロリー配分で食べるようにします。そうすると血糖上昇のリズムが整い血糖コントロールのためにより有効です。特に内服薬やインスリンを使っている人はこれを守ることが大事です。食事が抜けたり間隔が空いてしまったりすると低血糖を起こす危険性が高くなります。食事はよく噛んでゆっくり食べることを心がけます。ゆっくり食べることで血糖値の上昇が穏やかになり、満腹感も得られやすくなります。味付けは薄味にします。味付けが濃いと食べすぎにつながりますし、高血圧の原因になります。高血圧になると動脈硬化が進みますので、糖尿病の合併症が進みやすくなります。薄味で素材を味わいながら食べるようにしましょう。